国際児童文庫協会の小林悠紀子が子ども達に薦める630冊の本

月刊誌『海外子女教育』の連載「子どもの本棚」を集積したものです。他に、同誌に掲載された投稿、取材原稿、特集記事なども、挿入されています。「子どもの本棚」は、海外に住む日本の子ども達のために、特に注意して選ばれた児童書の推薦欄です。これから海外に赴任する方、海外の子どもに本を送る立場にある方に、読んでいだだけたらお役に立てると思います。

トップ

不動産

執筆活動

子ども達に薦める630冊の本

茶道教室

リンク

サイトマップ

お問い合わせ

子ども達に薦める630冊の本

『国際児童文庫協会の小林悠紀子が子ども達に薦める630冊の本』は、国際児童文庫協会(ICBA)が発足してから18年間、財団法人海外子女教育振興財団が発行する機関紙『海外子女教育』に書き続けた、海外に暮らす子ども達のための『子どもの本棚』欄を集積したものです。
 書籍『国際児童文庫協会の小林悠紀子が子ども達に薦める630冊の本』は、2002年12月マナハウスから出版されました(現在は販売終了)。書籍版は1984年7月から、途中5年間ほどの中断をはさんで2002年8月までの18年間、連載回数にして約160回分の『子どもの本棚』にICBAの歴史、訪問ルポ、絵描き歌考を加えた構成となっています。巻末に索引があるので、使いやすく、子どもに本を手渡す立場の人に必携の一冊です。
 当サイトでは、現時点で1984年07月1988年06月の48回分、191冊の本を紹介しています。書籍版の内容を順次登録、公開してまいりますのでどうぞご期待ください。

000341509

Copyright (C) 有限会社ユア・エィジェンシイ. All Rights Reserved.