| メイン |

1988年02月

 海外にいて日本を、日本の文化を、評価するのは難しい。  同じ発言でも増幅されて受け取られるからである。母国を客観的に見られる優位さがあるが、愛国心は身贔屓に変じがちだし、逆に感情的に必要以上に批判的になったりもする。だからといって母国を振り返るこの良きチャンスを無にしてもらっては、なお困る。  冷静で客観的な情報を多方面から仕入れ、じっくり腰をすえて、子ども達に語ってやりたいものである。