| メイン |

1987年10月

 旅行からの帰りの列車で“悩める父”と同席した。故郷の甥達より劣って見える七歳の息子を、つい殴って無理に勉強させたという。  明け方まで泣きながら机に向かっていた息子を思い出して、反省することしきりだったが、「帰ったら金でもやって」というので「お金よりは、おもしろい本を、父親の読み聞かせつきで」と薦めた。  怒るのはいいが、やりすぎた時は、素直な謝罪と、甘さではない優しさがたいせつである。

うさんごろとへんなつき (わたしのえほん)

 体も目玉もでっかくて、もひとつ話もでっかいうさぎのうさんごろに聞いたのがこの話。
 十五夜はうさぎ達のお祭り。おいしいものをたくさんお供えして、いよいよ「お月さまのおでましー」。ところが、いつもと違う変なお月様が、ご馳走をむしゃむしゃと食べ、小さなうさぎをけとばし「あかんべー」と逃げていく。「よし、ぼくがあいつをやっつけてくる」と、うさんごろ。
 民話のような語り口、とぼけた味、そしてはり絵のわしの切り口が、子どもの心に母の手の温かさを伝える。

うさんごろとへんなつき (わたしのえほん)