| メイン |

1987年08月

 良い漫画も多いから、読ませて読書力をつけようという意見があるが、とんでもない話である。良いものと同じ数だけ毒になる漫画があり、両方を合わせた数だけ毒にも薬にもならぬものがある。  海外で目や耳に入る日本語は国内とは桁違いに少なく、一冊の本が子どもの心に占めるパーセンテージは桁違いに多い。何回も読み返され、そのセリフや俗悪な表現が子どもの心にしみ着くと知っても、あなたは漫画を読ませたいのだろうか。

だってだってのおばあさん (フレーベルのえほん 3)

“あるところに、ちいさなうちが、ありました。”と始まるこの絵本には、九十八歳のおばあさんと、五歳の元気なおとこのねこが登場する。
 魚釣りに行くたびに、ねこはおばあさんを誘うのだが「だって九十八歳だもの」とお留守番。
 ところが、ねこが、おばあさんの九十九歳のお誕生日にケーキ用のロウソクを買いに行って川に落としてしまったので、残った五本のロウソクでお祝いをすることになる。一、二……五と数えているうちに、いつの間にかおばあさんは五歳の気分になって、魚釣りにもついて行くようになる。
 作者の言う、子どもの心をいっぱい持つおばあさんになるには、あのキラキラした目、透き通った心を忘れないようにしなければ。

だってだってのおばあさん (フレーベルのえほん 3)

おばあさんのひこうき (創作幼年童話選 4)

 まっ白で、しかくいたてものが嫌いで、田舎でひとり暮らしをするおばあさんの家に、大きな黒い蝶が迷い込んできた。編み物上手のおばあさんが、その蝶の羽と同じ模様を編んだら、毛糸がふわりと浮き上がり……。
 そこでおばあさんは飛行機を編み、満月の夜、孫のタツオが住む団地へと空を飛んだ。騒がれるのは嫌いだから、たったひとりで、たった一度だけ。
 こまやかで壮大な構築美を持つ空想物語で読者を魅了する佐藤さとるの作品だが、このお話はむしろ編み物のような優しさが胸に残る。最後のタツオのことば以外、会話はすべておばあさんのひとり言。
 読み終わった子どもは、きっと日本のおばあさんにお手紙を書きたくなる。“せえたあを、どもありがと”と。

おばあさんのひこうき (創作幼年童話選 4)